政木和三先生発明品の紹介コーナー 製作は 能力開発研究所

商品の特長


<基本原理>
人間の身体にもともと存在する体内波にきわめて近い
神経波(二相性活動電位波)というパルスを使用してい
ます。この波形は、政木先生が昭和22年頃から低周波
治療器の研究を始め、数年後にビメークという治療器を
作り、これを国公立病院七カ所で臨床実験を行って、
予想以上の成果があったため商品化されたものです。
この原理は、ビメーク、ヘルスアップ、アップ&アップに引
き継がれ、現在のマサキ・エルエフエムとなっております。

従来の低周波治療器が、電流のプラス側かマイナス側だけに波形が出て、生
体にチリチリ感などの不快感を与えるタイプが多いのに対し、マサキLFMは、プ
ラス・マイナス両面に均等に出るため、接触がスムーズでとても心地良く感じる
のです。

政木先生ご自身が71歳の時、試用で身長が2cm伸び、老眼がなくなったとい
う商品です。別名“神経若返り器”と呼ばれています。


<期待できる効果>
肩コリ、腕・腰などの筋肉の痛みや神経痛の痛みを和らげ、血行を促進し、筋
肉のこりをほぐし、疲労を回復させるマッサージ効果や末梢神経マヒへの効果
などがあります。 (使用された方の体験談はこちらをご覧ください)



TOP     バイオイーザー    マサキLFM    

  バイオライト  バイオハンマ

使用方法   特 長    パンフレット   取扱説明書   体験談

トップへ
トップ
戻る
戻る