政木和三先生発明品の紹介コーナー 製作は(株)能力開発研究所

取扱説明書

安全上のご注意
※ご使用前に、この「安全上のご注意」をよくお読みのうえ、正しくお使いくださ 
 い。

※ここに示した注意事項は、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他 
 の人々への危害や損害を未然に防止するためのものです。また注意事項  
 は、危害や損害の大きさと切迫の程度を明示するために、誤った取り扱いを 
 すると生じることが想定される内容を、「危険」「警告」「注意」の3つに区分し 
 ています。

いずれも安全に関する重要な内容ですので、必ず守ってください。
誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容
を示しています。

△警告
*自動車等の運転中には使用しないでください。
 事故やトラブルにつながる恐れがあります。
*音量を上げ過ぎると周囲の音が聞き取りにくくなりますので、音量を必要以上
 に上げて使用しないでください。事故やトラブルにつながる恐れがあります。
*修理・改造は行わないでください。
 事故やトラブルにつながる恐れがあります。

誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性及び物的損害のみの発生が
想定される内容を示しています。

△注意
*使用中に頭痛、めまい、吐気、耳なりなど身体に異常を感じたときは、直ちに
 使用を中止し、医師に相談して指示に従ってください。
 事故や体調不良の原因になります。
*乳幼児や自分で意志表示ができない人への使用や、手の届くところへ
 の放置はしないでください。 事故や体調不良の原因になります。
*この器具は、非防水ですので、水気や湿気の高いところでは使用しないでく
 ださい。 事故やトラブルの原因になります。
*温度の高いところでは使用しないでください。
 事故やトラブルの原因になります。
*大きな音量での長時間使用はしないでください。
 聴力に悪影響を及ぼすことがあります。
 耳の健康を考えて、音量を上げ過ぎないようにしてください。
*PHONEジャックに指定のヘッドホン以外のものは接続しないでください。
 異物が入ると、事故やトラブルの原因になります。
*電池を火中に投入しないでください。電池が破裂し、事故の原因になります。


1.主な特徴
■生物学的なプロセスから生まれたBio-Tech Soundによる、リラクセーション、
 注意・集中力、メンタルトレーニングヘの作用。
■小型・軽量・クリップ機構で、アウトドアユースにも便利。
■音質重視の密閉型ヘッドホンと、スポーツ時など屋外ての本格的な使用を可
 能にするインナーイヤー型ヘッドホンを付属。
■携帯時の不用意な誤動作を防ぐホールドシャッター機構。

2.ご使用いただく前に
■バイオソニックをご使用になられた当初は、その刺激音に不憤れなことが原  
 因となり、即時的には期待されたはたらきが得られない場合があります。バイ
 オソニックを効果的にご利用いただくために、必要時だけではなく平素からご 
 使用になリバイオソニックの刺激音に充分圀れてください。
 《但レバイオソニックの期待されるはたらきには、個人差があります。》
 △注意:*使用中に頭痛・めまレ壮気・耳なりなと身体に異常を感じたときは、
       直ちに使用を中止レ医師に相談して指示に従ってください。
       事故や体謁不良の原因になります。

3.バイオソニックについて
古来より音楽の調べは、ひとの精神に大きな影響を及ぼすものとして広<認識
されてきました。具体的に言えば、荘厳な宗教音楽は、ひとを厳粛な気持ちにさ
せますし、勇壮なマーチを開けば気持ちが高揚します。また、今日では、音楽
が情緒障害や神経症などの精神障害に対する有効な健康回復手段として、医
学的にも臨床応用されるまでに至っています。では、どうして音楽がひとの精神
状態に影響を与えるのか。現在でもこの疑問に対する科学的な実証はなされて
いません。しかし、音階やリズムが聴覚刺激として直接脳に伝えられ、中枢神
経系にはたらきかけた結果によるものであると推論されます。そこで、植原生物
化学研究所では、音楽の構成単位である『音』そのものに注目し、聴覚刺激が
精神機能に与える影響について、脳波周波数解析などにより生物学的なアプロ
ーチを行ってまいりました。バイオソニックは、こうした科学的試行錯誤の結果か
ら生よれた、ひとの精神に有用なはたらきをもつ音響を再生する装置です。
バイオソニックの151Hzを基準とする変調音は、心身のリラクセーションを誘うだ
けではなく、学習やスポーツ、ビジネスに不可欠な注意・集中力を促し、またプレ
ッシャーに強い精神力を養成することを目的に開発されています。

4.バイオソニックのはたらき
バイオソニックの刺激音には、注意・集中力やリラクセーションに対して、つぎの
ようなはたらきがあることが精神生理学的な方法を用いて確認されています。
またこうしたはたらきについては、医学系学会(1993年、第23回日本脳波筋電
図学会学術大会)で発表されています。

■注意・集中力の向上:
 バイオソニックの使用により、注意・集中力の指標であるFmθ(frontal mid-  
 line θ rhythm)の安定な出現が脳電図上で認められています。
Fmθ:精神活動中に、前頭正中部を中心に出現する6〜7Hzの脳波のこと。注 
    意・集中力が高まり精神作業がはかどる程、安定して出現することが知ら
    れており、注意・集中力の生理学的指標として用いられている。
■リラクセーションの誘起:
 バイオソニックの使用により、くつろぎの指標であるcx波の振幅増大が脳電図
 上で認められています。
α波:安静・閉眼・覚醒時に後頭部を中心に出現する8〜13Hzの脳波のこと。
   精神が安定し、くつろいだ状態になる程、α波の振幅は増大することが知
   られており、精神的リラクセーションの生理学的指標として、現在最も一般
   的に用いられている。
■作業能率の向上:
 バイオソニックの使用により、心理学的に規定された計算作業(連続第一位加
算作業)の能率向上が統計学的に認められています。

これらの客観的なデータから、さまざまな具体的応用が考えられます。



《但レバイオソニヽソクの期待されるはたらきには、個人差があります。》

5.本体および付属品一覧

@発信装置本体
A密閉型ヘッドホン:
  周囲の雑音を防ぎ音質を重視したい時にお使いください。
Bインナーイヤー型ヘッドホン(収納ケース付):
  スポーツ・移動時などアウトドアでお使いください。
Cイヤーアダプター:
  インナーイヤー型ヘッドホンが耳のサイズに合わない(小さい)ときにお使いく
  ださい。
D乾電池:単三型×2本
E取扱説明書/保証書
F本体用クリップ:
 クリップは本体に胴着することができます。ポケットやベ
ルトにとめるときにご使用 <ださい。

6.各部の名称

@電源スイッチ :POWER    A音量調節つまみ :VOLUME
B周波数変調つまみ :FREQUENCY
C変調モード切替スイッチ :MODE
  (モード1:片側振幅変調、モード2:両側振幅変調)
DPHONEジャック :PHONES   Eホールドシャッター
F乾電池ケース    G本体クリップ

7.使用方法
1.はじめに、電池を入れてください。
 @本体裏面の電池ケースフタを外側に
  押しながらスライドさせて開きます。 
 A+と−の位置を回違えないように、
  単三乾電池を2本入れます。
 Bケースフタを本体にセットします。

乾電池についてのご注意
 ・+と−の向きを正しく入れてください。
 ・充電式電池は使用できません。また、 
  乾電池は充電できません。
 ・乾電池を入れたまま長期間使用しない 
  でおくと、液漏れを起こす場合がありま 
  す。液漏れをした場合には、ケースにつ
  いている液をよ<拭き取ってから新しい 
  乾電池を入れてください。
 ・異なる種類、または新旧の電池を組合 
  せて使用しないでください。
 ・電池の持続時間は一日1時間のご使用
  で約20日間をめやすにしてください。
△注意:*電池を火中に投入しないでくだ 
      さい。
      電池が破裂し、事故の原因にな 
     ります。
2.PHONEジャックに密閉型ヘッドホン、
  もしくはインナーイヤー型ヘッドホンを
  接続してださい。
 ・付属のヘッドホンは、バイオソニックの音
  響特性を考えて設計された専用ヘッドホ
  ンです。
△注意:*PHONEジャックに指定のヘッド 
      ホン以外のものは接縦しないでく
      ださい。
      異物が入ると、事故やトラブルの 
     原因になります。
3.音量調節つまみが0の位置にあることを
  確かめてから、電源スイッチを押してくだ
  さい。電源が入ると緑色の表示ランプが
  点灯します。
 (使用後は必ず、電源スイッチを押してOFF
 にしてください。緑色の表示ランプが消灯
 します。)
4.音量調節つまみにより、お好みの音量 
  に調節してください。
 音量:音量の大小で、バイオソニックのは
 たらきに違いはありません。使用状況に 
 応じてお好みの音量でご使用ください。

△注意:*大きな音量での長時間使用はし
      ないでください。
      聴力に悪影響を及ばすことがあり
      ます。
      耳の健康を考えて、音量を上げ週
      ぎないようにしてください。
5.変調モード切替スイッチにより、片側もし
  くは両側振幅変調のいずれかをお選びく
  ださい。
(モード1:片側振幅変調、モード2:両側振 
 幅変調)

変調モード:バイオソニックには、片側の耳
       から聞こえる刺激音の振幅を変
       調させるモード1と、両側の耳か
       ら聞こえてくる刺激音の振幅を 
       変調させるモード2の2種類の 
       変調モードがあります。モード1
       と2とで、バイオソニックのはた
       らきに違いはありません。使用
       状況に応じてどちらかお好みの
       変調モードをご使用ください。
6.周波数変調つまみにより、片側もしくは
  両側から聞こえてくる基準刺激音の振 
  幅を変調させてください。

周波数変調:バイオソニックの基準刺激音 
        は151Hzです。この刺激音の
        振幅を周波数変調つまみによ
        り、使用状況に合わせて2〜8
        Hzの範囲で変調(ゆらぎ)させ
        ることができます(詳細は      
        『12.ご使用のめやす』をご覧
        ください)。変調モード1では片
        耳の刺激音が、モード2では 
        両耳の刺激音が変調します。

8.便利な機能
●ホールドシャッター機構
 ホールドシャッター機構は、音量調節や周波数変調つまみの誤動作を防ぎま
 す。ホールドシャッターを閉めておけば、使用中不用意に音量や周波数変調
 の設定値が変わることはありません。

●オートパワーオフ機能
 オートパワーオフ機能は、電源の消し忘れによる電池消耗を防ぎます。
 電源スイッチをONにしたのち、約1時間後に自動的に電源が切れます。

9.主な仕様
@ 発信装置本体
  基準周波数 :151HZ
  周波数変調 :2〜8Hz
  刺激モード  :2モード(モード1:片側振幅変調、モード2:両側振幅変調)
  実用最大出力:14mW+14mW(密閉型ヘッドホン)、
            18mW+18mW(インナーイヤー型ヘッドホン)
  出力端子   :ステレオミニジャック(24Kメッキ))
  電  源    :3V(単三乾電池×2本)
  最大外形寸法:約61(W)×21(D)×100(H)mm
  重  量    :約60g(乾電池、その他の付属品を含まず)

A 密閉型ヘッドホン
  形  式    :密閉型ダイナミックタイプ形
  ドライバー   :φ38mmドーム型
  接続コード   :OFCリッツ線(1.2m)
  重  量    :約185(コードを含む)

B インナーイヤー型ヘッドホン
  形  式    :開放型ダイナミックタイプ
  ドライバー   :φ15mmドーム型
  接続コード   :OFCリッツ線(1.1m)
  重  量    :約12g(コードを含む)

*本機の仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがありますの 
 で、あらかじめご了承<ださい。

10.ご使用にあたっての注意事項
△警告: *自動車等の運転中には使用しないでください。
       事故やトラブルにつながる恐れがあります。
△警告: *音量を上げ過ぎると周囲の音が聞き取りにくくなりますので、音量
       を必要以上に上げて使用しないでください。
       事故やトラブルにつながる恐れがあります。
△注意: *使用中に頭痛・めまい・壮気・耳なりなど身体に異常を感じたとき 
       は、直ちに使用を中止レ医師に相談して指示に従ってください。
       事故や体調不良の原因になります。
△注意: *この器具は、非防水ですので、水気や湿気の高いところでは使用
       しないでください。
       事故やトラブルの原因になります。
△注意: *湿度の高いところでは使用しないでください。
       事故やトラブルの原因になります。
.△注意: *大きな音量での長時間使用はしないでください。
       聴力に悪影響を及ばすことがあります。
       耳の健康を考えて、音量を上げ過ぎないようにしてください。

11.お手入れと保管
△警告: *修理・改造は行わないでください。
       事故やトラブルにつながる恐れがあります。
■お手入れの際は、必ず電源スイッチをOFFの状態(緑色の表示ランプが消灯
 している状態)で行ってください。
■本体表面は、汚れ等のつきにくい特殊仕上げです。汚れた場合には、水や 
 ぬるま湯をひたした布で軽くふきとり、乾いた柔らかい布で仕上げてください。
 ベンジン、シンナーなどは絶対に使用しないでください。変質、変色の原因に
 なります。

△注意: *乳幼児の手の届くところへ放置しないでください。
       事故やトラブルの原因になります。
■温度の高いところや直射日光の当たるところには保管しないでください。
■湿気の高いところや水のかかるところには保管しないでください。
■本体を落としたり、強い衝撃を与えないでください。
■長時間ご使用にならない場合は、乾電池をはずしておいてください。

12.ご使用のめやす
下表を参考に、ご使用いただく状況に合せて周波数変調つまみにより刺激音を
変調させてください。なお個人差がございますので、ご使用になられた経験から
各状況でのお好みの刺激音に変調してぐださい。(変調モードや音量は、バイ
オソニックのはたらきに影響はありません。お好みのモード、音量でご使用<ださ
い。)
状   況
使用方法のめやす
目   的
学習、事務作業
 暗記、計算
 ワープロなど
@学習や作業の開始10〜20分程
 度前からリラックスした状態でご
使 用ください。その後、学習・作業
中 も引続き使用してください。
A変調幅のめやす:4〜8Hz。
・注意・集中力を促す。
試験
 入学試験、
 資格試験など
@試験開始直前に10〜20分程
度、 眼を閉じてご使用<ださい。
A試験場で使用できないこともあり
 ますので、日常的に試験本番を想
 定した鍛練をしてください。
B変調幅のめやす:6〜8Hz。
・リラクセーションを促 
 す。
・あがり、緊張に対す 
 る鍛練。
スポーツ
 練習
@付属クリップにより、本体をボケッ
ト やベルトに装着してご使用くださ
  い。
A実技練習だけではなく、イメージ
ト レーニングにもご使用ください。
B変調幅のめやす:6〜8Hz。
・注意・集中力を促す。
・イメージトレーニング
スポーツ
 競技
@競技開始20〜30分前に10分
程度、良いイメージを思い浮かべな
がらご使用ください。
A変調幅のめやす:5〜7Hz。
・リラクセーション
・注意・集中力を促す。
文化・芸術
 絵画、彫刻、
 デザイン、書道、
 作詞・作曲など
@作業中だけではなく、作業前にリ
 ラックスした態勢で10分間程度ご
 使用<ださい。
A創作イマジネーションを膨らませ
る 際にもご使用ください。
B変調幅のめやす:5〜7Hz。
・リラクセーション
・イマジネーション、
 インスピレーションを
  促す。
精神疲労の緩和
@眼を閉じてリラックスした態勢で
ご 使用ください。
A変調幅のめやす:6〜8Hz。
・リラクセーション
あがり、緊張
      の緩和
@服を閉じてリテソクスした態勢で
ご 使用ください。
A変調幅のめやす:6〜8Hz(極度
 の緊張時には、2〜4Hz)。
・リラクセーション
心地よい睡眠
      の誘い
@就寝前こリラックスした態勢でご
  使用ください。
A就寝前だけではなく、日中や入
浴 後にもリラックスした態勢で10
分  間程度お使いください。
B変調幅のめやす:2〜4 Hz。
・リラクセーション
企画・創造力
      の啓発
@作業窓前10〜20分開、リラック
 スした態勢でご使用<ださい。
A作業時だけではなく、日頃からイ
 マジネーションを膨らませてお使
い ください。
B変調幅のめやす:6〜8Hz。
・イマジネーション、
 インスピレーションを
 促す。
実力・能力の発揮
@平素養ってきた実力や能力が充
 分発揮できるよう、日頃から様々
  な状況を想定してご使用くださ
い。
A変調幅のめやす:3〜6Hz。
・メンタルトレーニング

13.故障かな?と思ったときに
次の表に従ってお調べください。なお、異常があるときは、速やかに使用を中
止して、電源を切り、お求めの販売店、窓□にご相談ください。
現象
原因
対応
電源が入らない。
電池の挿入方向が正
しくない。
電池ボックスの表示に従って、 電池を正しく挿入してください。
電池が消耗している。 2本とも新しい電池に交換して ください。
音がでない。 電源が入っていない。
本体の電源スイッチを押し表示 ランプが緑色に点灯しているこ とを確認してください。
音が片方からしかで
ない。
本体とヘッドホンの接
続が正しくない。
本体のPHONEジャックに、ヘッ ドホンのプラグをしっかりと挿入 してください。
音が変調しない。
音が大きくならない。
電池が消耗している。 2本とも新しい電池に交換して ください。
雑音が入る。
音がわれる。
電池が消耗している。 2本とも新しい電池に交換して ください。

◆ご不明な点は、お求めの販売店、窓□または、下記へご運絡ください。
 株式会社林原商事   〒700−0907
 岡山市下石井1−2−3 TEL(086)224-4312
 株式会社 林原生物化学研究所



TOP     バイオイーザー    マサキLFM    ヘルスアップ

バイオソニック  アルファシーターC  バイオライト  バイオハンマ

使用方法  基本原理  効 果  パンフ  取扱説明書  体験談

NKKデパート   林原製品   NKK推奨品   能力開発の世界

政木ワールド    ブレインワールド   情報の世界   本心開発

能力開発お話  あごす世界  光の言葉  まんだら  HP全体図



トップへ
トップへ
戻る
戻る