政木和三先生発明品の紹介コーナー 製作は(株)能力開発研究所

基本原理


●理論その1
 右耳と左耳から周波数が少し違う音を送り込むと脳の聴幹中枢で合成され
「うなり音」として知覚されます。このことにより左右の脳が共同して働くことにな
り、脳が統合化され活性化が生まれます。
●理論その2
 「中枢性うなり現象」が脳の固有振動数と一致することにより(1回の脳の情
報処理サイクル120〜200ms)共鳴作用が働き、右脳・左脳の同時活性化が生
まれます。
●理論その3
 心地よい音により脳幹中央部の網様体が強い刺激を受け(網様体賦活系)、
弱い刺激として大脳全体を目覚めさせます(目覚め信号)。この働きで使われ
ていない部分すべての脳が目覚め、知能の向上が図られます。
●理論その4
 左右の耳から周波数の違う音を聞かせることによりその周波数の差と同じ脳
波を優勢にする働きが生まれます(ヘミシング効果)。ここでは4〜11Hzのいわ
ゆるα波、θ波の脳波を優勢にします。



TOP     バイオイーザー    マサキLFM    ヘルスアップ

バイオソニック  アルファシーターC  バイオライト  バイオハンマ

使用方法    基本原理    パンフレット    取扱説明書

イヤホン    ミキサー    体験談

NKKデパート   林原製品   NKK推奨品   能力開発の世界

政木ワールド    ブレインワールド   情報の世界   本心開発

能力開発お話  あごす世界  光の言葉  まんだら  HP全体図



トップへ
トップへ
戻る
戻る