政木和三先生発明品の紹介コーナー 製作は 能力開発研究所

取扱説明書




このたびは、ヤマギワの照明器具をお買い上げくださいまして誠にありがとうご
ざいます。ご使用の前によくお読みの上、正しくお使いください。この取扱説明
書は必ず保管してください。●ご不明な点は販売店にご相談ください。

バイオライトタイプ60は、先進のバイオテクノロジーの考え方から生まれた新し
いタイプの卓上ランプスタンドです。太陽光の光を基準に開発された新しい輝き
は、従来の白熱ランプスタンドの2倍の明るさを実現しています。また直流点灯
の新技術により、チラツキ、明暗差を大幅に低減、安定した輝きで目の疲労の少
ない光です。自然な光で目にやさしいバイオライト。オフィスやご家庭の新しい光
としてご愛用ください。

<目次>
安全に関するご注意    特徴と機能   ご使用前の準備
使い方、保守、お手入れ、アフターサービス

安全に関するご注意

★警告  ☆禁止
■不安定な場所や、燃えやすいものの近くで使用しないでください。
 図のように不安定なところへは取り付けないでください。

■セードに布や紙など燃えやすいものをかぶせたり、セード下面にものを置か 
 ないで下さい。破損や火災の原因となります。

★警告
  セードの下面、20cm以内に机や可燃物を近づけないでください。
  破損や火災の原因となります。

☆禁止
■器具の隙間に、金属類や燃えやすいものを差し込まないでください。
 火災、感電の原因となります。
■電源コードを、無理に曲げたり、引張ったりしないでください。
 コードが破損し、火災、感電の原因となります。
■交流100ボルト以外で使用しないでください。
 週電圧を加えると、火災・感電の原因となります。

☆分解禁止
■器具を改造したり、部品交換をしないでください。
 火災、感電の原因になります。
☆必ず守る
■100V60W形普通ランプを使用してください。
間違った種類、ワット数のランプを使用するとランプの
破損、火災の原因となります 
■異常を感じた場合、速やかに差し込みプラグを抜いてから、お求めの販売 
 店、窓口にご相談ください。


★注意
☆禁止
■調光器との併用はしないでください。
 ライトコントロール、明暗スイッチなどとの併用はしないでください。火災の原因
 となります。

☆水場使用禁止
■浴室などの湿気の多い場所、温度の高い場所や屋外では使用しないでくだ
 さい。 この器具は非防水です。火災、感電の原因となります。

☆接触禁止
■点灯中や消灯後5分以内のランプやランプ周辺の金属部にさわらないでくだ
 さい。 ランプやその周辺が過熱しており、やけどの原因となります。


バイオライト タイプ60の特徴と機能

●直流点灯方式によりチラツキを低減した、目の疲労が少ない光です。
●早朝の太陽光と同じ連続スペクトルと色温度ですので、より自然な光で色を
 鮮やかに再現します。
●照度は、一般の60W形白熱ランプスタンドの約2倍の明るさです。(当社調 
 べ)
●白熱ランプの位置を高く確保できるよう設計しています。高所より視野全体を
 明るく照らし、明暗差による目の疲労を少なくしています。
●本体内部に傾きセンサーを内蔵しています。本体の転倒や傾きをセンサーが
 検知すると自動的に消灯する安全設計です。
●オプショナルパーツの組合せにより、ベース型(置き型)とクランプ型(固定  
 型)の2つの設置方法が選べます。

ご使用にあたって

●エアコン、掃除機等の電気機器の作動の影響で、一瞬ちらつきを感じる場合
 があります。安定した電源でお使いください。
●100V60W形以外のランプは使用しないでください。※ナショナル「100V60W  
 形普通ランプ」で、十分な明るさと機能を発揮できるよう設計しています。
●バイオライト回路によって、より自然な光を発光します。そのため、一般白熱
 ランプスタンドに比べランプの寿命が、短くなりますが、これは回路の特性によ
 るもので、故障ではありません。 常時予備のランプをご用意ください。
●点灯時に急激な負荷を与えないように、ランプ保護のためソフトスタート回路
 を内蔵しています。
●器具全体が、バイオライト回路により少し熱を持ちますが、性能および安全上
 問題はありません。
●本体内部の傾きセンサーの特性から、本体に振動をくわえると一時的に消灯
 することがありますが、故障ではありません。

バイオライト タイプ60の各部の名称


■定格
使用電圧
使用ランプ
AC100V
普通ランプ100V60W形


ご使用前の準備

★警告
●器具の組立は、説明書にしたがい確実に行ってください。
 組立に不備があると火災、感電、落下によるけがの原因となります。

組立前には、差し込みプラグを差し込まないでください。

@ ベース、クランプ(別売)を組立てる
ベース型(置き型)と、クランプ型(固定型)の2通りでご使用できます。
付属ドライバーを使用して、図のように組立ててください。
ベースの裏側より固定ネ
ジを差し込み、付属ドライ
バーで固定ネジを締付
け、本体とベースを固定し
てください。
クランプの裏側より固定
ネジを差し込み、ドライ
バーで固定ネジを締付
け、本体とクランプを固
定してください。
クランプネジのクランプ穴 にドライバーを挿入して、 しっかり机等に締付けて 固定して下さい。
[確認]
取り付け後、クランプが完 全に固定されていることを 確認してください。取り付 けが不完全な場合、火 災、落下によるけがの原 因となります。
A ランプを取り付ける
 ○ランプを確実に取り付けて下さい。
  取り付けが不完全な場合、火災の原因と 
  なります。
B 差し込みプラグを差し込む
C可動部を調節する
 ○本体に無理な力を加えないでください。
  可動範囲以上に動かしますとストッパー機構がこわれたり、支柱が折れたり
  することがあります。



正しい使い方
●右図のような使い方が理想的です。
●セードでランプの光が直接目に入らないようにしてく
 ださい。
 セードを回転させて良い位置を選んでご使用くだい。
●本体を傾けたり転倒させますと、傾きセンサーが働
 いててランプは点灯しません。本体が垂直になるよ
 うにしてご使用ください。
●デスクスタンドとして使用する場合、机上の左斜め
 前方(右ききの場合)に置いてください。
●お部屋全体の照明とあわせてご使用ください。


ランプ交換・お手入れ 

☆注意 必す差し込みプラグを抜いてください。感電の原因となります。

ランプ交換について
●ランプは器具表示のランプをお求めください。
 間違った種類、ワット数のランプを使用するとランプの破損、火災の原因となり
 ます。
●ランプ表面にキズや異物が付着しているランプは使用しないでください。ラン
 プの破損の原因となります。
●点灯中や消灯直後には、ランプ交換はしないでください。ランプは冷えてから
 交換してください。ランプが過熱しており、やけどの原因となります。

お手入れについて
●明るく安全にご使用いただくために、定期的(6ケ月に1回程度)に清掃してく
 ださい。
 汚れがひどい場合は、石けん水にひたした布をよく絞ってふきとり、乾いたや
 わらかい布で仕上げてください。
 シンナー、ベンジンなどの揮発陛のものでふいたり、殺虫剤をかけたりしないで
 ください。
 変色、破損の原因となります。
●定期的(6ケ月に1回程度)に、ビスや部品のゆるみ、損傷、脱落がないかお
 調べください。
 ビスや部品のゆるみ、損傷、脱落があると、火災、落下によるけがの原因とな
 ります。

故障かな?と思ったときは
次の表に従ってお調べいただきなお、異常のあるときは、速やかに差し込みプ
ラグを抜いてから、お求めの販売店、窓口にご相談ください。
現象
原因
処置
ランプが点灯しない ・差し込みプラグの抜け ・プラグを正常に差し込む
・ランプのゆるみ ・ランプをきっちりとねじ込む
・ランプの切れ ・ランプを取り替える
・本体の傾き ・本体を垂直にする

yamagiwa アフターサービスのお問い合わせ

ヤマギワリビナ本館
〒101−0021 東京都千代田区外神田1丁目5番10号
TEL 03−3253−5111(代表) 



TOP     バイオイーザー    マサキLFM  

  バイオライト  バイオハンマ

使用方法   パンフレット   エオン   取扱説明書   体験談




トップへ
トップ
戻る
戻る